So-net無料ブログ作成
検索選択
はるかぜちゃん ツイッター殺害予告 ブログトップ

はるかぜちゃん ツイッターで殺害予告!? [はるかぜちゃん ツイッター殺害予告]

はるかぜちゃん ツイッターで殺害予告!?

“はるかぜちゃん”の愛称でも知られる子役タレントの春名風花さん(11)が、

何者かから殺害を示唆するツイート受けたことを自身のツイッターで明かしています。


10月31日に「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」

と殺害予告とも取れるものがツイッターに投稿されたようです。

これに対し、11月2日には

「はるかぜちゃんです。きのうの件、神奈川県警に届けおわりました。

今後は事件として処理されることになります」とツイッターで報告し

心配するファンを安心させたのだとか・・・。


はるかぜちゃんのしっぽ(ω)


「メッタ刺しでころされるのは、こわい」「しにたくない」と

悩む胸中をツイッターで報告していたはるかぜちゃんですが

こういう事態も起こりますので、ユーザーからは

「あの歳でツイッターは辞めた方がいいよ」などと助言が相次いたそうですが

それに対しても、はるかぜちゃんは

「加害者の人権が守られて、被害にあった側の落ち度を叩くこの国で

被害にあったと声をあげ助けを乞うことは、もう自殺行為じゃないのかなとぼくは思う」

とツイッターで大人な対応を示しています。


はるかぜちゃんは3歳でブログを始め、過去にはツイッターで

政治を批判したり、「ひみつの嵐ちゃん」のマネキンのコーナー

嵐メンバーのコーディネートを酷評して、嵐ファンと激突。

いつも大人な対応で嵐ファンも返り討ちにしてますし、賞賛の声も上がりました。


しかし、この大人な対応というのが問題ですよね。

11歳のはるかぜちゃんが酷評すると、「生意気だ」となりますが

マツコ・デラックスさんが酷評しても、笑って済まされるだけ・・・。


はるかぜちゃんが普段、どんなことをツイッターに投稿してるか知りませんが

歳不相応のことを発言してれば、「生意気だ」となるのは当然ですね。

別に『殺害予告』を肯定してるわけではありませんよ。


例えば、夫婦喧嘩で嫁さんの口に勝てない旦那が

思わず、暴力を振るってしまうような衝動にかられるようなもの。

自分より20歳も年下の人に上から理路整然と物を言われたら

少々頭に来るのは人間としては当然の感情だと思います。


自分が小学校の先生をしていて、はるかぜちゃんのような生徒が

「今の先生の発言、明らかにおかしいと思います」なんて言われた日には

キーッとなるのは明白なわけで・・・。


子どもは子どもらしく』というのが一番だと個人的には思っています。

それにはるかぜちゃんのような子どもがツイッターをやってることも賛成出来ません。

ネットでいろんなサイトを毎日見てると、明らかに子どもには見せたくないものも

結構、多いですしね。


はるかぜちゃんの親もブログやツイッターなど、よくやらせたなと

別の意味で感心させられます。

私なんか、子どもがパソコンに触れてるだけで、キーッとなってしまいますよ。


一番問題視すべきは、子役などをチヤホヤしすぎる日本の芸能界です。

“天才子役”が溢れ出してたら、もはや“天才”でもありませんしね。

芦田愛菜ちゃんや鈴木福くんなどの子役がまともな人生を歩んでほしいと願うばかりです。


はるかぜちゃんのツイッター騒動についても、今後も続くようなら

親がやめさせるというのも選択肢の1つに考慮してほしいです。




はるかぜちゃんが正しいと思ったことをツイッターでつぶやくのは自由ですが

神様の世界でない限り、正論だけでは生きてはいけないというのは

子どもにはまだ分からないでしょうしね。

正しいことを言って、政治的立場や社会的立場を失う人は少なくない世の中なのです。

はるかぜちゃんのツイッターでの発言に皆が賛同するような世の中なら素晴らしいのですが。


今の世の中、理不尽すぎることが多いので、はるかぜちゃんのツイッターに注目が

集まるのもわかりますが、今回の脅迫など危険なこともありますので

せめてもう少し大人になってから代弁者として活躍してもいいのではないでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
はるかぜちゃん ツイッター殺害予告 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。