So-net無料ブログ作成
越後製菓 VS サトウ食品 切り餅戦争 ブログトップ

越後製菓、「切り餅訴訟」でサトウ食品に勝訴確定!! [越後製菓 VS サトウ食品 切り餅戦争]

越後製菓「切り餅訴訟」でサトウ食品に勝訴確定!!

越後製菓(新潟県長岡市)が切り餅をきれいに焼くための切り込みをめぐる特許権を侵害されたとして、サトウ食品工業(新潟市)に損害賠償と商品の製造差し止めを求めた訴訟(いわゆる「切り餅訴訟」)の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9月19日付で、サトウ食品側の上告を棄却する決定をしました。

サトウ食品の特許権侵害を認め、製造差し止めと約8億円の賠償を命じた二審知財高裁判決が確定となりました。これにより、越後製菓が「切り餅訴訟」で勝利を収める形になりました。

越後製菓は切り餅の側面に切り込みを入れることで、焼くときれいに膨らむ技術で特許を取得していましたが、側面に加えて上下にも十字型の切り込みを入れている「サトウの切り餅」の一部商品が特許権を侵害しているとして、2009年4月提訴しました。

越後製菓側は「特許登録後も、サトウ食品は同種商品の販売を続け、売り上げは45億円を下らない。30%に当たる13億5000万円の損害を受けた」と主張していました。

一審東京地裁は、上下面にも切り込みがあることを理由に特許権の侵害を認めませんでしたが、二審知財高裁は特許権侵害を認め、サトウ食品側に製造差し止めと約8億円の損害賠償を命じていました。


訴訟の対象となったのは「サトウの切り餅 パリッとスリット」など5商品です。

二審知財高裁は昨年9月の中間判決で、越後製菓の特許の記載が「底面と上面に切り込みを設けるものを含まない、という意味ではない」と判断し、特許権侵害を認定しました。損害額を算定した上で、今年3月に越後製菓の逆転勝訴判決を言い渡しています。

 
なお、サトウ食品は昨年9月の中間判決後、商品名はそのままにして、切り餅の側面の切込みをなくした商品を既に販売中で、設計変更も行ったということで、商品の製造販売に影響はないとコメントしているようです。


一般消費者の私にはどうでも良い訴訟のように思えるのですが、当事者にとっては死活問題ですね。

また1つ賢くなりました。

もちろん、越後製菓もサトウ食品も応援させて頂きます。  

みんなでお餅を食べましょうね!!


以上、越後製菓「切り餅訴訟」でサトウ食品に勝訴!! の記事でした。


【人気記事ベスト3】
★秋元康、週刊新潮を訴える!!
★NHK小野文恵アナ再婚!!
★イ・ヨンエ「チャングム2」に出演!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
越後製菓 VS サトウ食品 切り餅戦争 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。