So-net無料ブログ作成
検索選択

浜松市南区瓜内町 井上勤さん・和弘さん 南アルプス・仙丈ヶ岳で遭難!? [長野]

浜松市南区瓜内町 井上勤さん・和弘さん 南アルプス・仙丈ヶ岳で遭難!?

井上勤さんと和弘さんが遭難したようです。

12月10日午前9時55分ごろ、長野県と山梨県の県境にある南アルプス・仙丈ヶ岳(3033メートル)に登山に出かけた浜松市の兄弟が、下山予定日の9日になっても帰宅しないと、母親(77)が警察に届け出たようです。

遭難したとみられるのは、浜松市南区瓜内町の無職・井上勤さん(53)と弟の会社員・井上和弘さん(47)で、2人は7日に浜松市南区の実家を出発し、南アルプス・仙丈ヶ岳に2泊3日の予定で登山していたようです。しかし、帰宅するはずの9日になっても戻って来ないということで、母親から長野県警伊那署や山梨県警南アルプス署に届け出があったようです。


589-100412094341.jpg


長野県警が10日午後にヘリコプターで捜索したようですが、現在も発見されておらす、遭難した可能性が高いとみられています。 井上勤さんら兄弟が乗っていたとみられる車が、長野県伊那市長谷の登山口から発見されているとのことで、警察は11日午前5時から21人態勢で再び捜索を行う事にしています。

南アルプス・仙丈ケ岳の山頂はもちろん雪が積もっており、7日から天候が悪かったといいますので、井上勤さんと和弘さんの兄弟にとってはちょっと厳しいかもしれません。もう捜索活動が再開されている時間ですので、無事に発見されると良いのですが・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

せんじくん 盗作だった!! 元の画像は? [長野]

せんじくん 盗作だった!! 元の画像は?

今年の夏、長野県上田市平井の霊泉寺温泉をPRするため、地元有志グループが採用したゆるキャラ「せんじくん」ですが、盗作だったことが分かりました。福岡市のイラストレーターの男性が2010年からインターネット公募サイトで自作キャラクターを公開していたものとほぼ同じだということで、「自分の作品に酷似している」と指摘があったようです。

「せんじくん」は元々雲泉寺温泉の旅館の若女将らでつくる「霊泉寺温泉自然JUKUプロジェクト」が企画したもので、地元の寺「霊泉寺」に竜にまつわる伝説があるということと、近くの社会福祉法人が里山にどんぐりの苗を植えているということで、竜とどんぐりをキーワードにしたゆるキャラにすると決めて、県内外の3人のデザイナーに無償でキャラクター作りを依頼したそうです。

結局、今年8月には計6作の中から上田市の男性デザイナー(28)の作品が採用され、名前も一般公募で、長野工業高校1年・松沢千晶さん(長野市戸隠栃原)が応募した「せんじくん」に決まりました。竜泉寺温泉旅館組合はホームページなどに掲載し、PRを始めていただけに、盗作が発覚して、関係者は肩を落とされていることでしょうね。「せんじくん」の画像はこちらです・・・


image-6af41.jpg


盗作したという上田市の男性デザイナーは指摘を受けても最初は認めていませんでしたが、「耳の影や舌の有無を除いてほぼ同じで、画像編集ソフトで2つの画像を合わせてみたら、ピッタリ一致した」という再度の指摘を受けて、言い逃れが出来なくなったようです。「せんじくん」の元の画像を探しても、全く見つかりませんが、ほぼ同じということですね。 (笑)

上田市の男性デザイナーは「インターネット上でいい画像を見つけ、使ってしまった」として、元のキャラクターを書いた福岡市の男性に「盗作を認めます。申し訳ありませんでした。」とメールで謝罪、採用した有志グループにも謝罪したそうです。

無償で依頼されてますので、それこそ“ゆるーく”考えれば良かったと思うのですが、デザイナーとして知名度を上げるために盗作してしまったということでしょうか?




「せんじくん」によって利益が発生していないということで、福岡市の男性も訴訟を起こさないとしているようですが、地元では画像入りのポスターなど全て破棄したそうです。着ぐるみを作る前だったので、そこに関しては余計なお金を掛けずに済んで良かったと思います。「せんじくん」という名前で新しいゆるキャラを作るそうですよ。

しかし、「せんじくん」の元になった画像を見てみたいものですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

長野県山形村 トラック運転手・上戸伸容疑者 観光バスと衝突事故で逮捕!! [長野]

長野山形トラック運転手 上戸伸容疑者 観光バスと衝突事故で逮捕!!

上戸伸容疑者が長野県伊那市の中自動車道の衝突事故で逮捕されました。

10月27日午後0時35分ごろ、長野県伊那市の中央自動車道駒ケ根―伊那インター間の上り線で観光バスがに大型トラックが追突した事故で、長野県警高速隊は自動車運転過失傷害の疑いで、長野県山形村、トラック運転手・上戸伸容疑者(31)を現行犯逮捕しました。

県警の調べに対し、上戸伸容疑者は「脇見をしていて、ブレーキをかけるのが遅れた」と供述しているようです。

★中央自動車道事故ニュース動画

県警高速隊によると、観光バスは追突されたはずみで前方の乗用車など2台に衝突。計4台が絡む事故になりました。事故の衝撃でバスに乗っていた乗客38人全員と乗務員1人が腰や首などを打ち、病院に搬送され、このうち26人が軽傷を負ったようです。

事故当時、現場の約700メートル先で別の交通事故があり渋滞が発生。バスは徐行運転していたようで、上戸伸容疑者の前方不注意が衝突事故の原因とみられています。

衝突された日本交通(大阪市西区)の観光バスは27日朝、旅行代理店が募集したツアー客38人を乗せて大阪市を出発し、1泊2日で長野県軽井沢町や群馬県嬬恋村、山梨県北杜市などの温泉や紅葉スポットを訪れる予定だったといいます。




事故の影響で現場は7時間通行止めになり、秋の天皇賞に出走する関西馬6頭も輸送中に巻き込まれ、足止めを食らったようです。

死者が出ず、不幸中の幸いでしたね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。