So-net無料ブログ作成
-| 2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

とくダネ 中野美奈子アナの後任に女優の菊川怜 [中野美奈子]

nakano.jpg

とくダネMC中野美奈子アナウンサーが夫の海外赴任により、6月いっぱいでフジテレビを退社するそうです。

とくダネMCの後任には、女優の菊川怜ちゃんが決まったようですね。

アナウンサー以外の方が務めるのは初めてですね。 とくダネの場合。

まぁ~菊川怜ちゃんも東大卒で切れ者ですからね。 ソツなくこなしてくれるんじゃないかと期待しています。

中野美奈子アナのファンである私にはちょっと残念なニュースでありますが、これもまた、仕方ないですね。

「いつフリーになるんだろう」と思って見ていたところもありましたが、海外に行かれるということは、アナウンサーから離れてしまうということですね。

中野美奈子アナは、「私事で恐縮ですが、夫に海外赴任の予定があり、このたびフジテレビを退社することになりました。フジテレビに入社して10年、さまざまな番組を通して多くの方に出会い、たくさんのことを学ばせていただきました。至らない私に優しく、時に厳しくアドバイスしてくれた先輩方、ともに涙し笑い合った仲間たち、 そして何よりテレビの前で応援してくださったみなさま、すべての方々に今は感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしました。

中野美奈子アナが入社されて、もう10年も経つんですね。早いものです。

フジテレビに入社された時は、とても可愛らしい印象があったのですが、意外とドSキャラだったりするところが面白くて好きだったのですが、本当に残念ですね。

でも、中野美奈子アナの新しい旅立ちを応援したいと思います。


◆中野美奈子アナウンサーは、香川県出身の79年12月生まれ。

 慶応大卒業後、02年に同局に入社。

 同年10月から09年3月まで「めざましテレビ 」のキャスターを務めるなど、さまざまな番組で活躍。

 09年4月からは「とくダネ!」にキャスターとして出演していました。


金曜ロードSHOW! 「風の谷のナウシカ」 ニューマスターとは? [映画]

                ナウシカ.jpg

金曜ロードSHOW!「風の谷のナウシカ」ニューマスター版が5月11日(金)に放送されます。

「風の谷のナウシカ」は宮崎駿さんのスタジオジブリの作品の中でも根強い人気を誇っていますね。

おおっと!!  Σ(゚д゚lll)

1984年当時は、まだ、スタジオジブリという名前ではなかったですね。 <( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪

当時は、「トップクラフト」という所の制作になってます。

 ジブリの前身ということでしょう。

宮崎駿さんの初監督作品は、「ルパン三世 カリオストロの城」ですね。

で、宮崎駿監督の長編2作目が、「風の谷のナウシカ」でありますが、

ルパンから5年も後の作品になるんですね。

ルパンが1979年で、ナウシカが1984年ですからね。

ところで、金曜ロードSHOW!で放送される「ニューマスター版」とはどんなものでしょうか?


「劇場公開時のフィルムの風合いを再現したニューマスター」とテレビ欄にありますが・・・

いろんなサイトで調べてみると、


ニューマスター版は、最新技術によって新しい素材を作るということで、

当時のモノより高画質高音質が見込めるそうです。

またデジタルリマスターの場合は変換後に色補正やゴミの除去作業などを

簡単に行うことが出来るみたいです。

と言われても、イマイチよく分かりませんが、

とにかく、綺麗な画質と、高音質が楽しめることは確かなようですね。

今回は、ニューマスター版が初めて放送されるということで、「風の谷のナウシカ」ファンには

とっても嬉しい企画ではないでしょうか?

番組内では、素敵なプレゼントとスタジオジブリからのスペシャルメッセージがあるということで、

ファンは必見ですね!!


ハワード・カーター画像 ツタンカーメンの呪いとは? [ハワード・カーター画像]

ハワード・カーターの誕生日である5月9日ということで、画像を紹介したいと思います。

ハワード・カーターは1874年5月9日、イギリス生まれのエジプト考古学者で

あの有名なツタンカーメン王の墓を発見した人でございます。

「ダンディーなおじさん」といった雰囲気ですが、ハワード・カーターはとっても気難しい人だったようです。


Howard_carter.jpg


1916年からカーナヴォン卿の援助を受けてエジプトの王家の谷を発掘し始めたようですが、

援助の契約が切れる寸前で、なんとかツタンカーメンの墓を発見して

「世紀の発見」とまで、言われたそうな・・・ 


しかし、ツタンカーメンの墓を発見したあとに、ハワード・カーターの周囲の人が

次々と亡くなってしまいました。


まずは、ツタンカーメンの墓を公開したカーナヴォン卿その人が公開直後に急死。

その後、発掘関係者数名が相次いで死亡。


それ受けた当時のマスコミ達は、「王家の呪い」だとか、

「ツタンカーメンの呪い」と書き立てて、報道しまくったんでしょうね。

なんか、ハワード・カーターが可哀想に思えてきました。  (´・ω・)カワイソス


同姓同名のハワード・カーターさんが交通事故で死亡した時も、

本人が死亡したように、マスコミに書かれたようです。


こんなちょっと可哀想なハワード・カーターさんですが、

本人は健やかに暮らし、64歳で安らかな眠りについたそうです。


しかし、本当に「ツタンカーメンの呪い」って、あったのでしょうか?

★ハワード・カーターのお墓



-|2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。