So-net無料ブログ作成
検索選択

佐賀県神埼市 北村竜次容疑者ら5人逮捕 博多港麻薬密輸事件!! [博多港 麻薬密輸 北村竜次]

佐賀県神埼市 北村竜次容疑者ら5人逮捕 博多港麻薬密輸事件!!

北村竜次容疑者ら5人が麻薬取締法違反容疑で逮捕されました。

12月3日、工事用の大型重機に隠して覚醒剤約110キロ(末端価格約90億円相当)を密輸したとして、九州厚生局麻薬取締部と門司税関博多税関支署の合同捜査本部は23日、佐賀県神埼市神崎町の建設機械会社社長・北村竜次容疑者(37)とセルビア人のビビック・メンスール容疑者(51)他、アメリカ、カナダ、ベトナム国籍の男ら計5人を麻薬取締法違反容疑で逮捕しました。




合同捜査本部によると、北村竜次容疑者ら5人は、今月3日、博多港に入港したコンテナ船に積まれていた建設用の重機の中に覚醒剤を隠して密輸しようとした疑いが持たれています。重機が入ったコンテナは、オランダ・ロッテルダムで積み込まれ、韓国・釜山経由で博多港に陸揚げされたとのこと。

重機はローラーを使って地面に圧力をかけて固めるロード・ローラーと呼ばれるもので、覚醒剤は、ローラーをくりぬいた中に隠されていたようです。

発表によると、捜査本部は、オーストラリア連邦警察から事前に情報を入手。国際薬物シンジケートによる日本への密輸ルートもあらかじめ把握していたとのことで、実際にはローラー内のものを覚醒剤とよく似たものにすり替えていたといいます。つまり、北村竜次容疑者ら5人は代替品を覚醒剤と思い込んで陸揚げし、それを所持していたことで逮捕となったようです。

北村竜次容疑者らは容疑を否認していますが、オーストラリア在住の男(44)も連邦警察に逮捕されているということで、麻薬取締部などは、国際的な薬物シンジケートによる覚醒剤売買とみて、入手先や密輸ルートの全容解明に向けて捜査を進めているようです。


たった110キロで90億円近い価値・・・。 やっぱりお高いんですね。 とても手が出ません。

それにしても、ずいぶん間抜けなシンジケートですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。