So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸市兵庫区大開通 佐々木恭子容疑者 長男をごみ袋に入れ殺害!! [兵庫]

神戸市兵庫区大開通 佐々木恭子容疑者 長男をごみ袋に入れ殺害!!

神戸市で佐々木恭子容疑者が長男を殺害してしまいました。

12月15日、兵庫県警兵庫署は、1歳11か月の長男を家庭用ゴミ袋に入れて放置し、殺害したとして、母親の神戸市兵庫区大開通8、主婦・佐々木恭子容疑者(34)を殺人容疑で逮捕しました。調べに対し、ごみ袋に入れたことは認めていますが、「しつけのつもりで、殺すつもりはなかった」と殺意に関しては否認しているようです。




兵庫署の発表によると、佐々木恭子容疑者は14日の昼食後、自宅マンションの居間で、長男の博一ちゃんを透明の家庭用ごみ袋(容量40リットル)に入れて、口を2回ほど縛り、玄関付近に放置して殺害した疑いが持たれています。

午後4時35分頃、博一ちゃんの異変に気付いた佐々木恭子容疑者が「息子が息をしていない」と119番通報。救急隊員が駆け付けた時には、博一ちゃんはごみ袋から出されていましたが、すでに心肺停止状態で横たわっており、病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。死因は窒息死とみられています。

佐々木恭子容疑者は事件の経緯について、「昼食を食べさせた後、寝かしつけ、自分も寝てしまった。気がついたら、食べ物やティッシュを散らかしてリビングを汚していたので、腹が立って袋に入れて玄関に置いた」と供述。その後、リビングを掃除している間に泣き声が聞こえなくなったため、袋の中を見ると博一ちゃんがぐったりしていたということで、ごみ袋に入れた時間については「時間の感覚がなく、覚えていないと」供述しているようです。

佐々木恭子容疑者は神戸市兵庫区の自宅マンションで、会社員の夫(33)と長女(5)、博一ちゃんの4人暮らし。事件当時、長女も自宅にいましたが、夫は仕事で外出していたようです。夫は「ごみ袋に入れるところは見たことがない」と話していますし、博一ちゃんに目立った外傷もなかったということで、虐待などの事実はないようですが、兵庫署は慎重に調べを進めているようです。

博一ちゃんは今月7日~10日、気管支炎の疑いで神戸市内の病院に入院していたということで、事件があった14日朝も、佐々木恭子容疑者とともに病院を訪れ、受診した後、午前10時頃に帰宅したそうです。

病み上がりの子供をごみ袋に入れるなど、信じ難いような事件ですが、カッとなった佐々木恭子容疑者の頭の中に「窒息」というものが一瞬でもよぎれば、防げた事件だと思われます。非常に残念なニュースでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。